日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
研究ノート
ふなずしからのコレステロール低下作用を有する乳酸菌の分離
田中(東) 幸雅松村 敦大野 克利石畑 公江米田 幸生山田 敏広
著者情報
ジャーナル フリー

56 巻 (2009) 3 号 p. 177-183

詳細
PDFをダウンロード (728K) 発行機関連絡先
抄録

ふなずし8種類からLactobacillus属52株,Pediococcus属11株,合計63株(NLB101~163)の乳酸菌を分離した.これら分離株のコレステロール低下作用をin vitroおよびin vivo試験系で評価し,以下の結果を得た.
(1) 生菌ではL. alimentarius NLB139,L. alimentarius NLB140およびL. plantarum NLB160が強いコレステロール吸着作用および胆汁酸吸着作用を示した.加熱死菌で強いコレステロール吸着作用および胆汁酸吸着作用を示したのは,L. paracasei NLB162およびL. paracasei NLB163であった.L. plantarum NLB136は,生菌,加熱死菌の両方で強いコレステロール吸着作用および胆汁酸吸着作用を示した.
(2) 生菌で強いコレステロール吸着作用および胆汁酸吸着作用を示したL. plantarum NLB136は,人工消化液耐性が強く,胆汁酸脱抱合陰性であった.
(3) コレステロール負荷マウスを用いて,L. plantarum NLB136(生菌),L. paracasei NLB162(加熱死菌)およびL. paracasei NLB163(加熱死菌)の血漿コレステロール値に対する作用を検討した結果,全株とも有意なコレステロール低下作用を示した.これらの中で,L. paracasei NLB163(加熱死菌)が最も強い作用を示した.
以上より,ふなずし由来乳酸菌から選抜されたL. paracasei NLB163の加熱死菌は,新規なコレステロール低下作用を有する機能性食品素材となり得ることが期待される.

著者関連情報
© 2009 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top