日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
ISSN-L : 1341-027X
技術論文
ナス果菜外果皮からのナスニンを含む天然色素素材の調製
橋本 啓小原澤 知美伊藤 和子阿久津 智美大山 高裕渡邊 恒夫山﨑 公位角張 文紀吉成 修一荒井 一好宇田 靖
著者情報
キーワード: ナス, ナスニン, カゼイン
ジャーナル フリー

2013 年 60 巻 10 号 p. 589-594

詳細
抄録

高い機能性を持つが安定性に乏しいため食品素材としての利用が進んでいないナス由来のアントシアニン色素「ナスニン」を,ナスの外果皮から安定性を保った状態で回収して有効活用することを目指して試験を行った.
ナスニンはナス皮から0.5%酢酸水溶液により抽出されるが,その抽出条件を検討した結果,始めの3回の抽出液を廃棄することにより共存するクロロゲン酸を効率よく除去することができた.その結果,抽出液を固相抽出法により分画することで,185gのナス外果皮から80.6mgのナスニンを純度86.5%で得ることができた.固相抽出ナスニンはpH 4.5の溶液中で4°C,暗所にて2週間保持した所65.1%に減少していた.
一方で,抽出液に添加したカゼインを等電点沈殿することによりナスニンを回収率60.8%でナスニン-カゼイン複合体として得ることができた.この複合体中のナスニンは4°C,暗所にて2週間保存しても有意な減少は認められなかった.さらに,凍結乾燥したものでは室温条件でも89.4%が残存しており高い安定性が認められた.

著者関連情報
© 2013 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top