日本食品科学工学会誌
技術論文
シークワシャー搾汁残渣を原料とした抽出酢の開発
広瀬 直人前田 剛希恩田 聡正田 守幸宮城 一菜和田 浩二太田 英明
著者情報
ジャーナル 認証あり

64 巻 (2017) 2 号 p. 81-89

詳細
PDFをダウンロード (959K) 発行機関連絡先
抄録

シークワシャー搾汁残渣を原料として,市販シークワシャー果汁と同程度の7.5mg/100mLのノビレチンを含有するシークワシャー抽出酢の製造条件を開発した.

(1)搾汁残渣より種子とじょうのう膜を除去して搾汁果皮を調製し,乾燥処理を行わずに醸造酢で抽出すると,ポリメトキシフラボン類を含有し,リモニンが少なく苦味が弱い抽出酢が得られた.

(2)搾汁果皮20% (w/w)と醸造酢80% (w/w)を用いると,ノビレチンを7.5mg/100mL含有する抽出酢が得られた.抽出処理の破砕回数は10秒間で4∼5回が適した.

(3)抽出酢を常温保存すると,ポリメトキシフラボン類は安定であったが,モノテルペン類は急激に減少し,モノテルペンアルコール類は緩やかに減少した.

著者関連情報
© 2017 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top