日本食品工業学会誌
Print ISSN : 0029-0394
茶カテキン類の口臭抑制効果とチューインガムヘの応用
宇井 美樹安田 英之柴田 柾樹丸山 孝堀田 博原 利男安田 環
著者情報
ジャーナル フリー

38 巻 (1991) 12 号 p. 1098-1102

詳細
PDFをダウンロード (134K) 発行機関連絡先
抄録

緑茶より抽出精製したカテキン類の口臭抑制効果を判定するため,CH3SHに対する消臭力,及び唾液にカテキン類を添加し,L-Metと共にインキュベート後発生したCH3SHを定量し,そのCH3SH産生抑制効果を測定した.また,カテキン類を添加したチューインガムを試作し,そのCH3SH産生抑制効果を判定した結果,以下の結論を得た.
(1) カテキン類は強いCH3SH消臭力を有し,この効果は,従来より口腔内消臭剤として汎用されているSCCの効果をかなり上回るものであった.
(2) 緑茶に含まれる4種のカテキンについて消臭力の測定を行った結果,その効果は,EC<ECg<ECG<EGCgの順に優れており,構造と消臭効果との相関関係が示唆された.
(3) 唾液にカテキン類を添加し,これを24時間インキュベートした結果,L-Metを基質としたCH3SHの発生はコントロールと比較して,著しく抑制された.また,この効果はSCCの効果よりも強かった.
(4) カテキン類を添加したチューインガムを試作し,唾液のCH3SH発生量を指標として,その口臭抑制効果について評価を行った結果,カテキン0.01%添加ガム咀嚼後においても,CH3SH発生は顕著に抑制された.
以上のことからカテキン類は,口臭原因物質として注目されているCH3SHに対し,優れた消臭作用とその産生を抑制する作用を持つものと推定された.また,カテキン類を添加したチューインガムは,口臭抑制の目的で効果的であると考えられた.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top