日本食品工業学会誌
Print ISSN : 0029-0394
血漿蛋白質の鉄結合能の検討
斎藤 昌義新藤 哲也門間 美千子千国 幸一
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 40 巻 7 号 p. 513-518

詳細
抄録

1.血漿蛋白質の鉄結合能はホエー粉より高く,卵白粉より低い値を示した.血漿蛋白質の鉄結合能を食品素材として利用することが可能と考えられた.また,市の血漿粉は実験室規模で調製した血漿蛋白質より鉄結合能が低い値であった.
2.血漿蛋白質をイオン交換クロマトグラフィーで分画すると,トランスフェリンを含む画分の鉄結合能が高く,飽和度は低い値を示した.この画分が鉄結合能を活用した利用に適していることが示された.
3.血漿蛋白質溶液を貯蔵した場合,鉄結合能は中性,アルカリ性領域で安定であった.一方,血漿蛋白質溶液を加熱処理した場合,鉄結合能は酸性領域の方が安定であった.
4. 血漿蛋白質をペプシンで加水分解すると,鉄結合能は容易に低下した.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top