日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
ヒラタケおよびナメコによるカルシウム塩添加培地からのカルシウムの吸収
田畑 武夫篠原 寿子
著者情報
ジャーナル フリー

42 巻 (1995) 9 号 p. 682-686

詳細
PDFをダウンロード (2175K) 発行機関連絡先
抄録

ヒラタケやナメコをカルシウム添加培地で栽培した.1, 5, 10%の濃度のカルシウム化合物を添加したPSA培地とオガクズ培地におけるこれらのキノコの菌糸生育状況を調べた.収穫後これらのキノコの子実体中のカルシウム含量を測定し以下の結果を得た.(1)キノコの菌糸生育はカルシウム化合物の種類や添加量および培地の初発pHによって影響された.(2)供試したリン酸カルシウム,硫酸カルシウム,炭酸カルシウムおよび酢酸カルシウムの中では,炭酸カルシウムがPSA培地およびオガクズ培地上でヒラタケ菌に対し良好な菌糸生育を示した.オガクズ培地で栽培したヒラタケ子実体のカルシウム含量は無添加培地からのそれに比べて1.4倍に増加していた.(3) PSA培地およびオガクズ培地上でのナメコ菌の菌糸生育はリン酸カルシウムが最も効果的であった.オガクズ培地で栽培したナメコ子実体のカルシウム含量は無添加培地のそれに比べて2.3倍に増加していた.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top