日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
ISSN-L : 1341-027X
Salmonella typhimurium TA 98を用いたTrp-P 2の変異原性に対する4種類のイモ類抽出物の作用
岡部 洋子新本 洋士津志田 藤二郎徳田 節子
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 43 巻 1 号 p. 36-39

詳細
抄録

変異原物質Trp-P 2に対する4種類のイモ類,ナガイモ,ジネンジョ,サトイモおよび加工タロイモ(凍結乾燥ポイ)からの水溶性画分,水抽出残査エタノール抽出画分,粘質画分の抗変異原性を検討した.それぞれの試料はTrp-P 2の変異原性に対して特徴的な抗変異原作用を示した.加工タロイモからの粘質物は,用いた試料中で最も高い60%の阻害を示した.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top