J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本食品科学工学会誌
Vol. 43 (1996) No. 10 P 1124-1127

記事言語:

http://doi.org/10.3136/nskkk.43.1124


納豆抽出液中に従来のナットウキナーゼでは説明できない強力なプロウロキナーゼアクチベーター活性を確認した.6種の市販納豆の活性はヒトプラズミンを標準として21.8±5.5CU/g湿重量であった.同酵素はゲル濾過法で分子量2.7万以上に3つ以上の活性ピークを示し,またDFPあるいはNPGBで阻害されるセリン酵素と思われた.
この酵素を高力価含む乾燥粉末30gを5人の健常成人ボランティア(51~86歳,男女)に経口投与した結果,4~8時間目にわたるEFAの上昇あるいはFDPの増加から持続的な血中線溶亢進と血栓溶解の起こることが確認された.

Copyright © 社団法人 日本食品科学工学会

記事ツール

この記事を共有