日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
ISSN-L : 1341-027X
野草のメチルメルカプタンに対する消臭力
浦部 貴美子灘本 知憲川村 正純安本 教傅
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 46 巻 7 号 p. 484-486

詳細
抄録

著者らは,野草から新しい防臭あるいは消臭成分を見出すための予備的な探査研究として,特に身近に自生する20種類の野草について,悪臭指標物質であるCH3SHに対する消臭活性を求めた.消臭活性はCH3SHに対する消臭率をヘッドスペースガスクロマトグラフ法により求めた.それらの中で顕著な消臭活性を示したのは,タンポポ,オニノゲシ,ノアザミ,クマザサ,スギナ,ドクダミであり,それぞれの消臭率は97.5%,88.6%,90.2%,87.5%,93.7%,98.3%であった.これらの野草の消臭性に関する報告は,これまでにドクダミ以外には見あたらない.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top