日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
ISSN-L : 1341-027X
食物繊維およびリン酸化オリゴ糖のin vitroにおけるラット小腸粘膜の酸化障害防御
川口 真規子藤岡 友子岸本 三香子松浦 寿喜市川 富夫
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 46 巻 7 号 p. 487-490

詳細
抄録

(1) 水溶性ラジカル発生剤であるAAPH処理により,小腸粘膜のTBARSは増加し,マルターゼ活性は減少した.
(2) セルロース,ペクチン,アルギン酸およびPOの添加によりAAPHによるTBARSの増加は抑制され,これらの糖に脂質過酸化防御作用があることが明らかになった.
(3) セルロース,ペクチン,アルギン酸およびPOの添加により,AAPH処理によるマルターゼ活性の減少を防御した.また,見かけのマルターゼ活性も上昇し,これらの糖にマルターゼの保護効果があることが示唆された.
リン酸化オリゴ糖を提供して頂きました江崎グリコ株式会社生物化学研究所岡田茂孝所長に厚く御礼申し上げます.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top