日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
シイタケの菌床栽培における培地窒素量と子実体の窒素含有成分との関係
藤原 しのぶ春日 敦子菅原 龍幸橋本 浩一清水 豊中沢 武青柳 康夫
著者情報
ジャーナル フリー

47 巻 (2000) 3 号 p. 191-196

詳細
PDFをダウンロード (796K) 発行機関連絡先
抄録

栄養添加物の混合割合を変えることにより段階的に窒素量の異なる菌床培地を設定し,培地窒素量と子実体中の窒素量との関係について検討した.
菌床培地とそれぞれの培地から発生した子実体の全窒素量との間には強い相関が認められた(p<0.001).窒素量の多い菌床培地から発生する子実体ほど窒素含有量が高くなるという相関関係が,同一の栽培方法と種菌を用いて得られたシイタケについて確認された.
シイタケ子実体に含まれる主要な窒素含有成分(総アミノ酸,遊離アミノ酸,核酸,キチン)中の窒素量は,全て培地の窒素量と有意な相関が認められた.特に培地窒素量との相関性が高かったのは総アミノ酸と遊離アミノ酸であった.また,レンチニン酸含有量と培地窒素量との間には明確な関係は認められず,むしろ栄養添加物の種類によって含有量に差が認められた.
栄養添加物の種類や混合割合などの菌床培地の組成を変える試みは,現在のところ収穫量の増加を主な目的としているが,発生する子実体の質も制御できる可能性が示唆された.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top