日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
マタタビ属果実における果汁中アクチニジン濃度およびプロテアーゼ活性の品種間差異
山中 美穂大田 忠親福田 哲生西山 一朗
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 51 巻 9 号 p. 491-494

詳細
抄録

マタタビ属果実の品種/系統特性ならびに有効な利用法を検討するため,果汁中に含まれるアクチニジン濃度およびプロテアーゼ活性について調査を行った.用いた12品種/系統のうち,'さぬきゴールド'および'Ananasnaya'では,主要な経済栽培品種である'ヘイワード'と比較して,アクチニジン濃度やプロテアーゼ活性が有意に高値を示した.一方,'ファーストエンペラー','ティアドロップ'および'紅鮮'の果汁では,アクチニジン濃度やプロテアーゼ活性が有意に低値を示した.特に'紅鮮'果汁のプロテアーゼ活性は,'ヘイワード'のわずかに13%であった.

著者関連情報
© 社団法人 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top