理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
特集 社会階層と評価システム
階級のハビトゥスとしての文化弁別力とその社会的構成
―文化評価におけるディスタンクシオンの感覚―
片岡 栄美
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 11 巻 1 号 p. 1-20

詳細
抄録

 本稿は、多様な文化活動に対する文化評価の根底にある認識図式の集団的・社会学的特徴を解明した。主な知見は、以下のとおりである。(1)文化活動の序列評価は異なる社会集団間で共通性が高いが、階層上の地位が高いほど文化弁別力は大きい。(2)社会階層と文化活動のヒエラルヒーは対応し、階層上の地位か高い集団は文化による差異化戦略を採用している。(3)文化評価の構造を検討すると、階層上の地位は文化評価に影響を与え、各階層成員は自らの所属集団の文化を高く、社会的距離のある階層の文化を低く評価することにより、自らが優位となるような評価分類図式を採用する。すなわち文化弁別力の階層差は、客観的な社会経済的な条件のなかから生み出される階級のハビトゥスとなった文化の知覚分類図式である。(4)世代間地位移動が文化評価に与える効果は男女で異なり、男性には文化同化仮説があてはまるが、女性は結婚による下降移動による影響は受けず、出身階層の文化評価パターンを相続する。

著者関連情報
© 1996 数理社会学会
次の記事
feedback
Top