理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
特集 若年非正規雇用・無業の計量社会学
フリーター選択と社会的ネットワーク
―高校3年生に対する進路意識調査から―
内田 龍史
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 22 巻 2 号 p. 139-153

詳細
抄録

 近年、フリーターの増加が社会問題となっているが、学校から職業への「移行」(Transition)に関する研究からは、性別では女性が、また、学歴・家庭背景などが相対的に低い状況にある若者がフリーターになりやすいことが指摘されている。しかし、若者のフリーター「選択」に影響を与える要因についての量的な検討は多くはない。
 本論文は、フリーター選択と近年着目されている社会的ネットワークとの関係に着目し、高校3年生を対象とした質問紙調査から、限定された社会的ネットワークがフリーター選択に影響を与えているかどうかについて検討を行った。その結果、高校生のネットワーク構造は「安定・ホワイトカラー」「不安定・ブルーカラー」ネットワークの2つに分類され、「安定・ホワイトカラー」ネットワークに組み込まれている高校生はフリーターを選択せず、逆に「不安定・ブルーカラー」ネットワークに組み込まれている高校生はフリーターを選択する傾向が見られた。高校生が組み込まれている社会的ネットワークの存在が、若者たちの進路分化に影響を与えていることが示唆されたのである。

著者関連情報
© 2007 数理社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top