理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
原著論文
権威主義的伝統主義の家族内伝達
―遺伝か文化伝達か―
敷島 千鶴安藤 寿康山形 伸二尾崎 幸謙高橋 雄介野中 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 23 巻 2 号 p. 2_105-2_126

詳細
抄録

 観測された形質の分散を、「遺伝」「共有環境」「非共有環境」という3つの潜在変数の寄与に分割して推定させる行動遺伝学の方法論を用いて、権威主義的伝統主義の形成に関わる要因について検討した。4111名(12~26歳の男性双生児1279名、女性双生児1889名、および双生児の父親83名、母親860名)から権威主義的伝統主義尺度の回答を得た。一卵性双生児912組、二卵性双生児630組を対象とした双生児モデルによる分析は、権威主義的伝統主義の分散を遺伝33%、非共有環境67%で説明し、双生児親子モデルによる分析においても、結果は同等であった。これより、権威主義的伝統主義の家族内伝達を媒介するのは専ら遺伝であり、文化伝達ではないことが示された。権威主義の形成を親の養育、あるいはその家の社会背景によって説明するこれまでの理論には異議が唱えられる。遺伝を説明変数に含めた、より精緻な伝達モデルの有用性が提起される。

著者関連情報
© 2008 数理社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top