理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
研究ノート
エントロピー生成率最大化(MEP)の原理
社会分析への適用可能性
芹沢 浩雨宮 隆伊藤 公紀
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 26 巻 2 号 p. 405-420

詳細
抄録

 エントロピーに関しては,その増減を支配する2つの重要な法則がある.外界から隔絶された閉鎖系で成り立つ熱力学の第2法則と物質やエネルギーが絶えず出入りする開放系で成り立つエントロピー生成率最大化(MEP)の原理である.前者はエントロピー増大の法則として以前よりよく知られているが,後者は近年の非平衡熱力学,複雑系研究の成果として得られた新たな知見で,社会科学の研究者の間で,その存在を知っている人はそれほど多くない.エントロピーについて深く理解するためには双方を熟知している必要があり,前者だけではエントロピーの破壊的な側面は理解できても,創造的な側面は見落とされてしまう.本論文はあまり知られていないMEP原理に焦点を当て,それを社会科学に移植する試みである.簡単な人間社会モデルによってMEP原理の基本的な考え方を説明した後に,社会現象においてもこれが機能すると仮定し,地球上に存在する社会形態の多様性とMEP原理の関連を考察する.

著者関連情報
© 2011 数理社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top