理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
特集 変動への新しい視点
中意識の意味
─階虐帰属意識の変化の構造─
盛山 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 5 巻 2 号 p. 2_51-2_71

詳細
抄録

 階層帰属意識は長い間研究者を魅了してきた「謎」であった。なぜかくも多くの人々が「中」と答えるのか。なぜ「中」の分布は1975年にかけて増大し、その後やや減少しているのか。それらについて「社会学者は、まだ明確な解答を出していないように思われる」(原,1986:247)。本稿は、求められている謎の解明の一つの試みである。それはまた、高度経済成長とそれにつづく低成長という戦後日本社会の歴史的体験の意味を読み解く作業でもある。

著者関連情報
© 1990 数理社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top