脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
短報
大脳皮質に一過性の拡散能低下を示した細菌性髄膜炎の1例
小橋 孝介津留 智彦奥村 恵子
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 43 巻 6 号 p. 487-489

詳細
抄録

 けいれん重積にて発症した細菌性髄膜炎の経過中, 大脳皮質に一過性の拡散能低下を示した1例を経験した. 細菌性髄膜炎で同様の所見を示した症例は過去に報告がない.
 今回の症例では, 何らかの素因を持った個体において, 一過性の拡散能低下を伴った可能性がある. MRI画像所見としては, 二相性けいれんと遅発性拡散能低下を呈する急性脳症 (AESD) 等と類似していた.
 発症後細菌性髄膜炎の経過としては, 非典型的なけいれん発作も認めており, 今後このような大脳皮質の一過性拡散能低下を示す病態に関して, 示唆に富む症例と考えられた.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人日本小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top