脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
症例報告
イオン飲料の多飲によるビタミンB1欠乏症からWernicke脳症を発症した2例
平木 彰佳菊地 正広
著者情報
ジャーナル フリー

46 巻 (2014) 1 号 p. 34-38

詳細
PDFをダウンロード (719K) 発行機関連絡先
抄録

 イオン飲料の多飲によるビタミンB1欠乏からWernicke脳症を発症した2例を経験した. 症例1は1歳3カ月男児で, 頻回の嘔吐が先行し, 意識障害と眼球運動障害, 運動失調で発症した. 症例2は7カ月男児で, けいれん重積で発症した. 2例ともビタミンB1投与で症状は改善したが, 症例2は神経学的後遺症を残した. 本疾患は嘔吐が先行することが多く, 症例1のように初期に胃腸炎と診断されることもある. 胃腸炎の診断でイオン飲料を多用することには注意を要する. 症例2はけいれん重積での発症で, 非典型的であった. 2例はいずれも偏食とイオン飲料の多飲があり, 日常診療では患児の摂食状態の把握と適切な栄養指導が重要である.

著者関連情報
© 2014 一般社団法人日本小児神経学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top