脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
短報
鎮静性抗ヒスタミン薬の投与により熱性けいれんのけいれん持続時間は延長する
木村 丈渡辺 陽和松岡 太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 46 巻 1 号 p. 45-46

詳細
抄録

 抗ヒスタミン薬の投与が熱性けいれんのけいれん持続時間に与える影響について検討した. 当科を熱性けいれんを主病名として受診した患児を前方視的に検討した. 抗ヒスタミン薬内服群 (以下H群) は29例, 抗ヒスタミン薬非内服群 (以下NH群) は158例であった. けいれん持続時間の中央値はH群で4.5分, NH群で2.0分で有意差を持ってH群のけいれん持続時間は長かった (p<0.05). 抗ヒスタミン薬の内服は熱性けいれんのけいれん持続時間を延長する可能性があるため, 熱性けいれん既往のある患児に対する抗ヒスタミン薬の処方は慎重に行うべきと考えられる.

著者関連情報
© 2014 一般社団法人日本小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top