脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
折れ線型自閉症に関する臨床的脳波学的研究
市場 尚文
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 16 巻 6 号 p. 470-475

詳細
抄録

折れ線型自閉症の病態生理の解明のため, Rutterの診断基準にもとつく幼児自閉症28名と折れ線型自閉症22名の計50名を対象として, 臨床的脳波学的検討を行った。
その結果, 折れ線型自閉症では特異な経過で自閉症を発症する他, 幼児自閉症に比較して脳障害を示唆する臨床的脳波学的所見が少ない傾向があること, psychic traumaと考えうる誘因を有する症例が多いこと, 予後とくに言語予後が不良であることが特徴的であった.このため, 折れ線型自閉症の成因としては, 幼児自閉症の成因とされている脳器質性障害による言語認知障害とは異なる機序が推測された.

著者関連情報
© 日本小児小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top