脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
重症心身障害児に伴うてんかん
松本 昭子
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 22 巻 2 号 p. 149-153

詳細
抄録

臨床発作-脳波VTR同時記録で, 発作時をとらえることのできた56例の重症心身障害児のてんかんについて検討した. 発作型分類では点頭てんかん9例, 強直発作17例, 非定型欠神5例, ミオクロニー発作3例, 全般性強直間代発作2例, 部分発作5例, 二次性全般化部分発作11例, 分類不能4例であった. 得られた発作型と臨床経過から, てんかん分類を行うと1) West症候群27例, 2) Lennox-Gastaut (LGS) 症候群 (初発時) 5例, 3) 部分てんかん群13例, 4) Other群11例であった. West症候群の中で経過中にLGSに移行したものは22例 (81%) あった. Other群からLGSに移行したのは, 7例 (64%) あった. またLGSが経過中に認められたのは全体のうち34例 (60.7%) であった.

著者関連情報
© 日本小児小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top