脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
二次性両側同期を示す欠神発作
山内 秀雄鈴木 文晴桜川 宣男黒川 徹
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 24 巻 3 号 p. 215-221

詳細
抄録

臨床上欠神発作の特徴を示し, 発作間欠期脳波では片側前頭部を中心に焦点性発作波を認め, 発作時脳波ではその焦点性発作波が先行した後3Hz全般性棘徐波複合を認める3例についての臨床的検討を行った. 発作症状では単純型が1例, 四肢の脱力を伴う例が1例, 自動症を伴う例が1例あった. いずれも焦点性発作波が片側前頭部に認められた後すみやかに3Hz棘徐波複合を認めた. 発作波持続時間は20秒間以内と比較的短かった. これら3例は脳波上の所見より二次性両側同期による欠神発作とするのが妥当であると考えられた.

著者関連情報
© 日本小児小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top