日本温泉気候物理医学会雑誌
Online ISSN : 1884-3697
Print ISSN : 0029-0343
ISSN-L : 0029-0343
気管支喘息に対する温泉療法の臨床効果
10. 細気管支閉塞型喘息に対する効果
谷崎 勝朗貴谷 光岡崎 守宏御舩 尚志光延 文裕中桐 善康越智 浩二原田 英雄高橋 清木村 郁郎
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 56 巻 3 号 p. 143-150

詳細
抄録

細気管支閉塞型喘息10例および類似の臨床症状を呈する肺気腫合併型喘息10例を対象に, 温泉療法の臨床効果について比較検討した。
1. 細気管支閉塞型喘息における各換気パラメーター値は低く, それぞれ%FVC 76.3%, FEV1.0% 46.6%, %PEFR 51.9%, %MMF 14.9%, %V50 8.3%, %V25 9.1%であった。肺気腫合併型喘息においても同様に各換気パラメーター値は低い値であった。一方, 気管支肺胞洗浄 (BAL) 液中の好中球頻度は, 細気管支閉塞型喘息で, 肺気腫合併型喘息に比べ有意に高い値であった。(P<0.001)。
2. 温泉療法は, 肺気腫合併型喘息に比べ, 細気管支閉塞型喘息に対してより有効であった。また, 細気管支閉塞型喘息のBAL液中に増加した好中球は, 温泉療法により減少する傾向が見られた。
3. %MMF, %V50, %V25などの小ないし細気管支領域の換気障害を示す換気パラメーターは, 肺気腫合併症例に比べ, 細気管支閉塞型喘息において, 温泉療法により, より高度に改善され, 両症例群の改善率には有意の差が見られた。
以上の結果より, 温泉療法は, 肺気腫合併型喘息に比べ, 細気管支閉塞型喘息に対して, 有効であることが示唆された。

著者関連情報
© 日本温泉気候物理医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top