耳鼻咽喉科展望
Online ISSN : 1883-6429
Print ISSN : 0386-9687
ISSN-L : 0386-9687
スギ花粉症に対するペミロラストカリウム (アレギサール ®) の治療効果
川端 五十鈴野村 恭也洲崎 春海藤谷 哲大田 民樹池田 心田部 浩生渡邊 一夫川島 佳代子木場 玲子青木 彰彦斉田 晴仁鳥山 稔石戸谷 淳一小口 直彦中井 淳仁高橋 明洋浅野 公子杉内 智子窪田 哲昭大谷 尚志門倉 義幸原 誠早勢 晶子岡村 るみ持木 将人杉田 公一椿 康喜代樋崎 亨渡辺 悟郎渋谷 恵夏水野 正浩加瀬 康弘三邊 武幸鈴木 恵美子安部 治彦井上 都子河原 秀明田中 康夫井上 庸夫角田 晃一市川 朝也吉住 登岡本 和人徳丸 敬高橋 旦金光 敏和
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 39 巻 5 号 p. 567-577

詳細
抄録

1995年のスギ花粉飛散期にペミロラストカリウム (アレギサール ®) を投与した15歳以上のスギ花粉症患者166例 (男性67例, 女性99例) について, 本剤の季節前投与と治療投与の効果について比較, 検討した。
投与方法は, ペミロラストカリウム1日10mg, 分2を原則とし, スギ花粉の飛散開始 (20個/cm2/日以上の飛散) 前から投与し, 花粉飛散開始後も8週間以上継続投与した症例を季節前投与群, 飛散初期から8週間以上あるいは飛散終了日まで投与した症例を治療投与群とした。
鼻症状, 鼻鏡所見, 日常生活を点数化し, その推移をみると, いずれも治療投与群に比べ季節前投与群の方が有意に花粉飛散初期の値が低く, 季節前投与による症状抑制効果が認められた。また, 治療投与群における点数の推移では飛散初期に比し飛散中期, 後期の点数が有意に低く, 治療効果が認められた。
最終全般改善度は, 季節前投与群で「著明効果」25.7%,「中等度効果」以上69.7%, 治療投与群で「著明改善」26.3%,「中等度改善」以上50.9%であった。
安全性評価対象例における副作用発現例は, 季節前投与群で4例 (1.6%), 治療投与群で3例 (2.5%) で, 重篤な副作用は認められなかった。以上より, スギ花粉症に対するアレギサール ® の季節前投与と治療投与の有用性が確認された。

著者関連情報
© 耳鼻咽喉科展望会
前の記事 次の記事
feedback
Top