Otology Japan
Online ISSN : 1884-1457
Print ISSN : 0917-2025
原著論文
鼓索神経に並走する骨橋形成をみとめた中耳奇形の手術と3次元CT所見
安田 真美子佐々木 優子松島 康二小林 真由美瀬戸 由記子瀬戸 陽八十島 唯幸枝松 秀雄
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 19 巻 1 号 p. 55-58

詳細
抄録

中耳奇形には様々なバリエーションがあるため、術前に耳小骨の奇形構造を確実に画像診断することは困難な場合がある。今回著者らは、過去にほとんど報告されていない、鼓索神経に並走した骨橋形成を持つ耳小骨奇形の手術を経験した。術前の3次元CT検査では、骨橋の存在を確認することができた。また、内視鏡を用いることにより、顕微鏡では死角になる骨橋の内側を詳細に観察できるため、走行異常を伴う可能性のある顔面神経管とアブミ骨の位置を明視下に確認し、安全な手術を行うことができた。

著者関連情報
© 2009 日本耳科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top