応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
分子シミュレーション
−現状と将来−
河村 雄行
著者情報
ジャーナル 認証あり

2007 年 76 巻 3 号 p. 297-304

詳細
抄録

古典的分子動力学法シミュレーションの,現時点における役割と応用を,実験結果の解析,分子シミュレーションでなければ見ることができないもの,およびナノとマクロの橋渡しという観点から例をあげて概観し,今後を展望する.また,有効な分子シミュレーションを行うために不可欠な原子・分子間相互作用モデルの現状と可能性について述べる.

著者関連情報
© 2007 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top