応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
デジタル時代の画像入力―レンズ系の役割とは?
河合 滋
著者情報
ジャーナル 認証あり

2012 年 81 巻 10 号 p. 864-867

詳細
抄録

レンズの結像を悪くする収差の補正は,古くから光線追跡によって行われてきた.近年の光学設計ソフトウェアの進歩により,あるレベルまでは,自動的に設計できるようになっている.一方,画像入力機器のデジタル化に伴い,像面内で生じる収差は,画像処理によって補正する方法が一般的になりつつある.本稿では,幾何光学的および波動光学的な結像について解説する.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top