応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
ガンマ線イメージングがつなぐ医療と宇宙
超小型コンプトンカメラの挑戦
片岡 淳
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 88 巻 11 号 p. 730-734

詳細
抄録

レントゲンやCTに代表されるX線診断は2次元モノクロ画像を基本とし,色に相当するエネルギー情報をもたない.核医学診断ではSPECTやPETが用いられるが,近年,先端医療の現場でもガンマ線イメージングの要請が急速に高まりつつある.例えば,陽子線治療やアルファ線内用療法は,いずれも体内で生ずる核反応の可視化が急務の課題である.同じ核反応は高エネルギー宇宙線と星間物質の相互作用でも生成され,MeVガンマ線天文学の主要なテーマとなりうる.本稿では宇宙と医療をつなぐ新しい懸け橋として,コンプトンカメラを用いたガンマ線イメージングの最前線と今後の展望を紹介する.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top