応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
動脈硬化症の極早期診断を目指した超音波プローブの開発
荒川 元孝金井 浩
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 88 巻 11 号 p. 740-743

詳細
抄録

動脈硬化症の早期段階では血管内皮機能に障害が現れる.この段階では病変は可逆的であることから,動脈硬化症の極早期段階での診断法の開発が期待される.この開発を目指し,我々は血圧と血管径変化の計測による血管壁の粘弾性特性の評価を行ってきた.本稿では,血圧と血管径を同位置で同時に計測するために開発した超音波プローブと,そのプローブを用いて計測した橈骨(とうこつ)動脈における血圧と血管径の間のヒステリシス特性について紹介する.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top