応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
IoT向け不揮発メモリ技術
島 久
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 11 号 p. 667-670

詳細
抄録

酸化物の抵抗変化現象を利用した不揮発性メモリReRAM(Resistive Random Access Memory)はその省電力性を生かして,IoTデバイスに搭載されたメモリとしてデータを蓄積する機能だけではなく,センサとしてデータを収集し,また,人工知能デバイスとしてデータを学習・推論する解析まで担うようになっています.本稿では,エッジ領域における情報処理で幅広い利活用が期待されるReRAM技術について紹介します.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top