応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
研究紹介
固体界面イオニクスの学理構築に向けた最先端電子顕微鏡計測
山本 和生野村 優貴
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 9 号 p. 515-518

詳細
抄録

全固体電池は高い安全性など多くの利点がある一方,電極と固体電解質界面におけるイオンの移動抵抗が極めて高いといった課題をもつ.そのため,高性能な全固体電池を効率的に開発するには,固体界面におけるイオニクスを正しく理解する必要がある.本稿では,電子線ホログラフィと電子エネルギー損失分光法(EELS)を用いて,金属電極/固体電解質界面に形成されるイオンの空間電荷層を直接観察した結果,および,走査透過型電子顕微鏡法(STEM)とEELSを用いて,充放電中におけるLi分布をオペランドで可視化した結果を紹介する.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top