応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ISSN-L : 0369-8009
ビームプローブおよびレーザー誘起蛍光法を用いたプラズマ診断
藤田 順治
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 57 巻 7 号 p. 1004-1013

詳細
抄録

プラズマに中性粒子ビームを打ち込むと,電子衝突励起,電子衝突電離,イオンとの電荷移動など,さまざまな原子過程が起こる.これを,レーザー分光を含めた分光学的巷手法を用いて観測すれば,プラズマの主要なパラメーターである,電子の密度・温度,イオンの密度・温度などのほか,プラズマ中の電場や磁場に関する情報も得られる.このビームプローブ分光法の原理,実例などについて解説する.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top