応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ISSN-L : 0369-8009
水素結合は不要:局在準位を介した発光再結合の可能性
宮崎 誠一広瀬 全孝
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 61 巻 12 号 p. 1275-1277

詳細
抄録

N2希釈O2中熱酸化したポーラスSiにおいて,通常の水素終端表面をもつポーラスSiと同様な,室温・高効率・可視光ルミネッセンスを観測した.この熱酸化ポーラスSiには水素結合が残留していないことから,シロキセン誘導体など,水素結合を含んだ化合物の存在が高効率・可視発光の必要条件でないことが明らかになった.また,フォトルミネッセンスの,酸化の進行に伴った挙動および励起強度依存性から,この発光が局在準位を介した発光再結合過程による可能性を示した.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top