応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ISSN-L : 0369-8009
吸着系における走査トンネル顕微鏡/分光の理論
塚田 捷渡辺 聡内山 登志弘清水 達雄
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 62 巻 12 号 p. 1204-1211

詳細
抄録

走査トンネル顕微鏡/分光は原子レベルの分解能で表面の構造と電子状態の情報を観察することを可能としたが,その定量的な解析は容易ではなく,またときとして奇異な現象も観察される.本稿は吸着系を例にして電子状態計算によるSTM/STSの理論シミュレーションの実例を紹介し,実験データを正しく解釈するためにいかに有用であるかを述べる.特にSTM/STSのデータが含んでいる表面電子状態の精緻な情報,探針の効果の重要性,粒子性の現れであるクーロンプロッケード現象などを議論する.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top