応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ISSN-L : 0369-8009
新しい光感受性物質からの一重項酸素の検出
酒井 治正
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 65 巻 1 号 p. 26-30

詳細
抄録

光感受性物質とレーザー光を用いた光線力学的治療 (Photodynamic Therapy, PDT) において,光励起による光感受性物質の励起一重項酸素産生が,殺細胞効果の本質であることは,広く認められている.われわれはルミノール反応を使い,この励起一重項酸素の検出を行った.ルミノールは一重項酸素によってアミノフタル酸に変化し,化学発光を生じる.この発光量を測定することにより,各種光感受性物質の相対的一重項酸素産生能を知ることができる.現在使われている多くの腫瘍親和性光感受性物質では,同分子量の光感受性物質を,同じ量の光エネルギーで励起すると,ほぼ同量の一重項酸素が産生されることを示す.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top