応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ISSN-L : 0369-8009
シリカガラスはどこまで透明にできるか
生嶋 明斎藤 和也
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 68 巻 10 号 p. 1157-1161

詳細
抄録

長距離の光通信には,地球規模でシリカガラスの光ファイバーが用いられている,このファイバーはすでに非常に透明で,理論限界に到達しているという認識さえある.しかし,ガラスの透明度がどのような機構で決まっているのか,という問題は,果たして本当にわかっているのか.あるいはガラスをさらに透明にすることができないものかどうか,本稿では,この悶題についての最近の実験結果と問題の理解を述べる.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top