応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ナノ領域の光の生物への応用—生体分子1個の化学反応と力学反応の同時計測—
石島 秋彦小鳴 寛明田中 裕人
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 68 巻 5 号 p. 556-560

詳細
抄録

近接場光の生物への研究の応用として,今回はエバネッセント照明による1分子イメージング,光ピンセットを使った1分子マニピュレーション・ナノメトリーを組み込んだ測定システムを紹介する.この測定システムを利用することにより,生体分子モーターであるミオシン分子1分子の化学反応と力学反応を同時に計測することが可能となった.この計測において, ATP (アデノシン三りン酸)の加水分解反応がどのように力学反応に対応しているかを検討し,その結果力発生は常にATPの分解産物であるADP (アデノシンニリン酸)の解離と対応しているわけではなく,数百ms遅れてカを発生している場合も見られた.この結果は,今までの定説である, ADPの解離とダイレクトにカップルして力が発生する,というモデルと一致しない.今回の結果は,ミオシン分子はATPの加水分解によって得られた化学エネルギーを分子内に蓄えておける機構が存在することを示唆している.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top