応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
20世紀における計算物理と将来展望
物性物理から計算物理まで
寺倉 清之
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 69 巻 8 号 p. 965-970

詳細
抄録

20世紀における科学技術の進歩のうちで,最もめぎましいものの一つが計算機の進歩である.計算機は理論研究における一つの道具としての巨大な算盤の役目から,計算物理という,実験と理論に並ぶ第Bの物理研究手法の基盤の役目へと昇格した.計算物理は解析的に解けない多くの問題への,客観的で近似なしの解を与えるということにより,予想外の結論へと導いてくれることがある.また,自然を解き明かすという立場から,設計し加工するという立場へと変化しっつある今後においては,計算物理がよりいっそうの重要な役割を演ずることになろう.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top