応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
ISSN-L : 0369-8009
半導体量子構造のスピン物性と電子スピンを用いた量子演算の可能性
武藤 俊一竹内 淳
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 70 巻 3 号 p. 291-295

詳細
抄録

半導体のスピン軌道相互作用のために,円偏光を用いて非磁性半導体中にスピン偏極したキャリアを生成させることや,半導体中のスピン分極を円偏光に変換することができる.われわれは非磁性半導体の量子構造 (lll-V族半導体の量子井戸や量子ドット)におけるスピン分極やスピン緩和を実験的に調べ,量子ドット中のスピンを用いた量子演算の可能性を検討している.これらについて,できるだけわかりやすく解説してみたい.

著者関連情報
© 社団法人 応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top