日本歯周病学会会誌
Online ISSN : 1880-408X
Print ISSN : 0385-0110
歯周疾患に対するクロルヘキシジン含有 Tooth Paste (LS-5) の二重盲検法による検討
塩入 隆行秋重 成孝石川 一郎宮川 英祐福井 美代子有澤 康高島 己千雄
著者情報
ジャーナル フリー

1983 年 25 巻 4 号 p. 955-966

詳細
抄録

今回の試験は, 歯周疾患患者24例を対象として, クロルヘキシジングルコネート含有 Tooth Paste の有効性を Active Control を対照として二重盲検クロスオーバー法より評価した。
薬剤使用開始直前および2週後の薬剤を交換する時点で, スケーリングを実換し, 歯垢抑制, 歯肉の炎症の改善度を評価し, また薬剤使用開始と薬剤交換時には, 細菌検査用ブラケットを上顎前歯部に装着した。その結果
1. 歯垢抑制効果については, 上顎では両薬剤間に差はなかったが, 下顎では2週後で有意な差を認め, LS-5 群がOTCAC群に比べ抑制効果が著しく認められた。
2. 歯肉炎症の消退に対する効果および歯周ポケット3mm以下正常数率では, 上顎については両薬剤間に差は認められなかったが, 下顎では2週後, 歯肉の炎症の緩和の効果および歯周ポケットの正常数率で, LS-5群がOTCAC群に比べ有意に高かった。
3. T. A. C. フィルム片に沈着した2週後の細菌数については, 嫌気性菌の増殖批制効果に関しては, 両薬剤間に差を認めなかった。好気性菌の増殖抑制効果に関してはLS-5群がOTCAC群に比べ高いと考えられた。
4. 走査電顕像を撮影し, 評価した結果では, 両薬剤間に差は認められなかった。
5. 有用性評価の有用率はLS-5群75.0%, OTCAC群50.0%で両薬剤の比較は, p=0.041で有意な差を認めた。
6. 副作用は全例に認められなかった。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本歯周病学会
前の記事
feedback
Top