パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
原著
恋愛関係が大学生に及ぼす影響と,交際期間,関係認知との関連
髙坂 康雅
著者情報
ジャーナル フリー

17 巻 (2008) 2 号 p. 144-156

詳細
PDFをダウンロード (296K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は,大学生における恋愛関係の影響を明らかにすることである。大学生340名を対象に,予備調査をもとに作成した恋愛関係の影響に関する項目75項目について回答を求めた.因子分析の結果,「自己拡大」,「充足的気分」,「拘束感」,「関係不安」,「経済的負担」,「生活習慣の乱れ」,「他者評価の上昇」という7因子が抽出され,いずれも恋愛関係にある者の方がない者よりも強く感じていたことから,これら7因子が恋愛関係の影響であることが確認された。恋愛関係の影響と交際期間との関連はあまりみられなかったが,「拘束感」と「他者評価の上昇」は男子の方が,「生活習慣の乱れ」は女子の方が,強く感じていることが明らかとなった。また,女子では,関係満足度と「自己拡大」,「充足的気分」,「拘束感」,「関係不安」,「生活習慣の乱れ」が関連し,関係関与度と「充足的気分」が関連していたが,男子では,関係満足度と「充足的気分」との関連がみられただけであった。

著者関連情報
© 2009 日本パーソナリティ心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top