パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
原著
日本語版Short Dark Triad(SD3-J)の作成
下司 忠大小塩 真司
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 26 巻 1 号 p. 12-22

詳細
抄録

マキャベリアニズム,自己愛傾向,サイコパシー傾向の3特性は社会的に嫌われやすい特性であることから“Dark Triad”と総称される。海外では少数項目のDark Triad尺度としてDark Triad Dirty Dozen(DTDD)とShort Dark Triad(SD3)が作成されているが,DTDDは日本語版(DTDD-J)が作成されているものの,SD3は日本語版が作成されていない。本研究の目的は日本語版SD3(SD3-J)を作成し,その信頼性・妥当性を検討することであった。確認的因子分析の結果,SD3-Jは階層因子構造を有していることが示された。また,SD3-Jのα係数はおおむね十分な値を示した。SD3-Jと既存の尺度との単相関分析,偏相関分析の結果からSD3-Jの併存的・弁別的妥当性,増分妥当性が確認された。これによりSD3-Jが国内において使用に耐えうるDark Triad尺度であることが示された。

著者関連情報
© 2017 日本パーソナリティ心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top