パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
原著
恋愛関係の崩壊によるストレス関連成長―愛着スタイルおよび崩壊形態の関連
中山 真橋本 剛吉田 俊和
著者情報
ジャーナル フリー

26 巻 (2017) 1 号 p. 61-75

詳細
PDFをダウンロード (533K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は,恋愛関係崩壊後のストレス関連成長に影響を及ぼす個人差・状況要因として,愛着スタイルと崩壊形態の影響を検討することであった。参加者である大学生・短大生184名(男性86名,女性98名)は,過去5年以内の恋愛関係崩壊経験について想起し,成長感尺度,愛着スタイルの各尺度へ回答した。まず,崩壊形態については,片思いよりも交際していた関係の破局(離愛)で,拒絶者の立場については,拒絶者があいまいな場合よりも,相手に拒絶された場合に,それぞれ高い成長が見られた。愛着スタイルについては,関係性不安が低いほど高い成長が見られた。

著者関連情報
© 2017 日本パーソナリティ心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top