ペストロジー学会誌
Online ISSN : 2432-1532
Print ISSN : 0916-7382
原著
気候区の異なる地域にある浄水場ろ過池に生息するユスリカ類の比較
平林 公男松澤 みちよ山本 優谷崎 樹生渡真利 光俊座喜美 七郎中本 信忠
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 19 巻 2 号 p. 77-88

詳細
抄録

気候区の異なる地域にある浄水場の緩速ろ過池周辺のユスリカ成虫相について調査した。一つは日本最南端の沖縄県先島諸島(亜熱帯性気候区)にある袖山浄水場と石垣浄水場である.

他方は山岳地の内陸性気候区にある長野県染屋浄水場である.調査の結果,染屋浄水場では Polyρedilum nubiferCricotopus trifasciatus が優占種となっていた.一方,石垣浄水場では Hanochironomus tumerestylus が優占種であり,次いで染屋浄水場でも多かった P. nubifer であった.さらに,袖山浄水場ではCryptochironomus javaePolypedilum nodosum が優占種となっていた.3浄水場で共通して捕獲された種は,P. nubifer, Cricotopus bicinctus, Ablabesmyia moniliformis の3種であった.以上のように,同一浄水場であっても季節によりユスリカ成虫相は大きく異なっており,また,同一時期であっても気候区の異なる地域に存在する浄水場間では,ユスリカ成虫相が大きく異なっていることが明らかとなった.これはろ過池を取り巻く環境要因(特に水温)が大きく異なること,また,浄水場原水が異なることなどが大きく影響しているものと推測された.

著者関連情報
© 2004 日本ペストロジー学会
次の記事
feedback
Top