静脈学
Online ISSN : 2186-5523
Print ISSN : 0915-7395
ISSN-L : 0915-7395
その他(手術の工夫)
清水式ロッド型ストリッパーを用いた小伏在静脈抜去術
宇藤 純一
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 24 巻 4 号 p. 457-461

詳細
抄録

要約:小伏在静脈(SSV)弁不全に対する連続253 例のストリッピング手術を検討した.平均年齢62.6±12.3 歳,男女比1:3.59,麻酔はtumescent local anesthesia と静脈麻酔を併用した.膝窩部を横切開し,清水式ロッド型ストリッパーを用いSSV を足側に内翻式に抜去し,頭側SSV は可及的に高位結紮した.手術時間は平均26.7±9.2 分で,全例日帰り手術が可能であった.深部静脈血栓症や神経障害などの重篤な合併症はみられず,術後1 月目の超音波検査では,全例でSSV 根部の逆流所見は消失していた.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top