静脈学
Online ISSN : 2186-5523
Print ISSN : 0915-7395
ISSN-L : 0915-7395
症例報告
木材杙創による大腿静脈損傷の1 例
大久保 由華竹久保 賢塚原 明弘島田 晃治保坂 靖子大関 一
著者情報
キーワード: 杙創, 静脈損傷, 外傷
ジャーナル フリー

2015 年 26 巻 4 号 p. 289-292

詳細
抄録

要約:症例は44 歳男性.製材作業中に左下腹部に木材が刺さり,当院に救急搬送された.来院時,左下腹部に厚さ5 mm,幅30 mm,長さ220 mm の木材が突き出ている状態で,体内に刺入した長さは不明であった.全身状態は安定しており,迅速簡易超音波検査(FAST: focused assessment with sonography for trauma)は陰性,右下肢の腫脹は認めなかった.造影CT で木材による腹部,右大腿動静脈の損傷が疑われた.緊急開腹手術を行うと,木材は皮下,腹腔外を通り右鼠径部に達していた.鼠径靭帯下で大腿動静脈を露出,木材刺入部上下で大腿静脈をテーピングし木材を抜去すると木材は大腿静脈を貫通していた.大腿静脈を遮断し,静脈損傷部を直接縫合し修復した.木材全長は480 mm で,体内に木片が散在しており丁寧に除去し,十分に洗浄を行い,開放創としドレーンを留置した.術後経過は良好で,早期離床により静脈血栓症を合併することなく第15 病日独歩退院した.半年後の造影CT 検査で右大腿静脈の良好な開存を認めた.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top