日本写真学会誌
Online ISSN : 1884-5932
Print ISSN : 0369-5662
ISSN-L : 0369-5662
一般論文
ピンホールカメラの分解能に関する実験的研究
〜月面クレーターを捉えることのできるピンホールカメラをつくる〜
今村 智陽中野 英之
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 81 巻 1 号 p. 48-52

詳細
抄録

ピンホールカメラには焦点距離に応じて最も鮮明な投影像が得られる最適口径が存在することが知られている.本研究では最適口径の存在をデジタルピンホールカメラを用いて検証するとともに,焦点距離と分解能の関係を明らかにした.更に,これらの実験結果を踏まえて焦点距離4 m超のピンホールカメラを作製し,月面クレータの撮影を試みたところ,月面クレーターを撮影することに成功した.

著者関連情報
© 2018 社団法人 日本写真学会
前の記事 次の記事
feedback
Top