日本写真学会誌
Online ISSN : 1884-5932
Print ISSN : 0369-5662
ISSN-L : 0369-5662
一般論文
伝統的手法で抽出されたベニバナ色素膜の緑色金属光沢について
─光学的手法による検討─
矢島 仁佐々木 麻衣子高橋 圭子平岡 一幸大嶋 正人山田 勝実
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 81 巻 1 号 p. 65-69

詳細
抄録

山形産ベニ餅から,伝統的な手法によりベニバナ色素を抽出した.黒色基盤に塗布されたベニバナ色素膜は,金属光沢を有した緑色を呈していた.ベニバナ色素膜は白色光入射に対して,波長550 nm付近に全反射による極大を有するスペクトルを示した.この反射極大波長には角度依存性は現れなかった.また,この金属光沢を有する反射光は,主に膜の入射側の界面で生じていることが明らかとなった.この反射光には,直線偏光成分が少ないことも明らかとなった.これらの結果は,ベニバナ色素膜の緑色光沢が,金属の反射とよく似ていることを示唆している.

著者関連情報
© 2018 社団法人 日本写真学会
前の記事
feedback
Top