日本写真学会誌
Online ISSN : 1884-5932
Print ISSN : 0369-5662
ISSN-L : 0369-5662
CIE色の見えモデル (CIECAM02) の概要とその応用
矢口 博久
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 68 巻 1 号 p. 16-20

詳細
抄録

色の見えのモデル化は画像産業界におけるクロスメディア色再現に重要になってきている. 1997年に国際照明委員会 (CIE) は色の見えモデルの簡易版としてCIECAM97sを推奨した. CIECAM97sは多くの実験データをよく予測するものであるが, いくつかの欠点も指摘された. 最近, 新しい色の見えモデルとしてCIECAMO2が開発され, それはCIECAM97sに置き換わる. ここでは, CIECAM02の概略と応用例について解説する.

著者関連情報
© (社)日本写真学会
前の記事 次の記事
feedback
Top